ベースカーブと度数は眼科で測定できる

 

カラコンを選ぶ際に必要なデータとして度数とベースカーブがあります。これらは眼科で診察することで測定できます。
度数が合わないカラコンを使用すると目が疲れるため、度ありを使う場合は必ず測定するべきです。

 

また、度なしのおしゃれようのものを使用する場合でも、眼科でベースカーブを測定した方が良いです。
ベースカーブは眼球の形状を表すものであり、これが合わないカラコンを使用すると違和感や痛みなどの目のトラブルの原因になります。

 

眼科の処方箋で正しい数値を

 

カラコン購入のため眼科で処方箋を発行してもらう際に、ベースカーブと度数、サイズの数値が出されます。
カラコンのベースカーブとは、レンズが眼球にフィットするためのカーブのことです。

 

度数と同様に個人差があり、眼球が小さければ数値も小さくなり、眼球が大きければ数値も大きくなります。

 

ベースカーブは度数と違い、測定の度に細かく変化するものではありませんが、眼科で自分の数値を確認してもらい、目に合うカラコンを使用することが重要です。


このページの先頭へ戻る