カラコンのベースカーブの重要性

 

みなさんはカラコンの何を重視していますか?

 

やはり多いのは全体直径(DIA)ではないでしょうか。より大きな瞳に見えるように全体直径を重視するのも間違いではありません。しかし今度からカラコンを選ぶとき、ベースカーブ(BC)にも着目してみてください。

 

では何故ベースカーブにも着目するかそれは、人はそれぞれ瞳の湾曲(カーブ)が異なるからです。自分の瞳と異なる形を付けていると、違和感があったりしっかりとフィットせずズレが生じてしまいます。

 

自分の瞳の湾曲は自分一人では分かりません。だからと言って無作為に選んでいては瞳を傷つけることにも繋がり兼ねません。ですから一度眼科へ行ってお調べ下さい。そうすればカラコンを買って付けてから後悔することも瞳を傷つける可能性も低くなります。

 

不自然さを感じさせないために

 

カラコンは、上手く色合いやサイズをあわせなければ、不自然さが逆に強調されてしまう恐れがありますが、そのような不自然さを極力カットした、自然に目に馴染むカラコンも増えています。

 

目に馴染むといっても、ベースカーブが目にあっていることは必須の条件です。

 

これがあっていなければ、コンタクトがずれてしまうばかりか、目を痛める恐れもあります。自然に目に馴染むカラコンとは、従来の着色外径が13.0から14.5ミリであったのに対して、12.8ミリと小さいからです。
日本人の黒目の多い差は平均で11.5ミリから12.5ミリなので、このような着色外径が小さいものを使用することにより、自然に見えるのです。


このページの先頭へ戻る