ベースカーブのあったカラコンで入れ方を覚えましょう

 

カラコンといえども医療機器であり、角膜に直接触れるものですから、使用する際にはベースカーブのあったカラコンを使用しなければ、装用してる途中でずれたり、違和感があったりしますし、入れる際に角膜を傷つける恐れもあります。

 

最初はベースカーブを眼科で検査してもらいましょう。

 

ベースカーブは数値で出てきますから、その数値に合ったカラコンを選んで、次に目への入れ方を覚えるべきです。目に入れる際には、ソフトコンタクトと同様に、まずは手をよく洗って、利き手の人差し指に凹面を上にして乗せ、もう一方の手の人差し指で黒目が見えるように、上瞼を大きく開けて、さらに同じ手の中指で下瞼も開けます。

 

レンズをゆっくりと眼に近付けて、鏡を見ながら黒目にそっとのせます。そして、レンズを乗せていた人差し指をゆっくりと離し、その後に、瞼を抑えていた人差し指と中指をゆっくりと離します。

 

初心者は眼科で入れ方を教えてもらうこと

 

カラコンを初めて使う初心者ならば、まずは眼科で診てもらうことです。眼科に行けば、コンタクトレンズの入れ方や手入れの仕方などの取り扱い方を丁寧に教えてくれますし、目のベースカーブも測ってもらえます。

 

目のカーブに合っていないカラコンですと、眼に傷が付いたり、装着中にずれてしまうことがあるからです。そうやって、コンタクトレンズの取り扱い方と、目のベースカーブが分かれば、次からは眼科でなく、量販店などで購入しても安心して使用することができます。


このページの先頭へ戻る