ベースカーブはしっくりくるものを

 

最近目の色を自由に変えることができるカラコンが、若い女性の間で大人気となっています。
いままでは視力矯正器具のひとつだった、コンタクトもおしゃれに使うことができるということで今までふつうのものを使ったことがない人も多く使うようになりました。

 

しかし、そのような人たちは普段レンズの扱いをしらないだけに手入れをせずに放置したりしがちですが、しっかりと消毒して目の健康を守るようにしましょう。

 

また、ベースカーブも着用感に大きく影響をあたえるのでしっくり来るものを選びたいですね。

 

定期的に検診を受けて小さなトラブルでも放置しない

 

カラコンに限らず、コンタクトレンズは、正しい使い方をしていてもリスクがあるものなので、定期的に検診を受け、小さなトラブルでも眼科で診てもらう必要があります。

 

特に、ベースカーブが目に合っていないカラコンを使用し続けることは、使用感が悪いばかりではなくて、角膜を傷つける恐れもあるため、必ず最初に眼科医でベースカーブを検査してもらう必要があります。

 

また、使用中にかゆみなどの症状があった場合には、軽い症状であっても、眼科に相談することです。


このページの先頭へ戻る