ベースカーブの合わないカラコンを使用すると目が乾く

 

ベースカーブとはカラコンの内側のカーブの具合のことを言います。
目のカーブに合ったベースカーブのカラコンを使用することが大切です。

 

ベースカーブの合わないカラコンを装着していると違和感を感じるだけでなく、ゴミが入りやすくなり乾燥しやすくなります。
その乾燥を防ぐためには目薬を使用するということが効果的です。

 

目の乾きを感じてからでは遅いので、乾きを感じる前に定期的に目薬をさすということが大切です。目のうるおいを重視した目薬を選ぶとより効果的です。

 

目薬は必需品の一つです

 

コンタクトを装用している方は、それが視力矯正用のコンタクトレンズであっても、おしゃれ用のカラコンであっても、目の乾燥を防ぐために、目薬は必需品の一つです。

 

但し、カラコンを装用している場合には、ソフトコンタクトレンズ専用のもので、防腐剤が入っていないものを使用することです。出来れば眼科で処方されたものを使用するのが一番です。

 

また、きちんと目薬を使用していても、目が痛くなるような場合には、ベースカーブが合っているかどうかも確認しておくことが大切です。


このページの先頭へ戻る